「群れが子どもを育てる」一般家庭ではできない、優れた環境を大切に活かします。



 
育つのも、育てるのも子どもたち自身。

大人が教える量の何倍かを子どもたち同士で学んでいきます。

時には競い合い、時には教えあって、たくましく成長するのです。

また集団の相互育成効果は驚くほどです。

日常のみんなの生活の中で、譲り合い、思いやり、助け合ううち、辛抱強くなり、

非社会的な考えが自然に消えていくから不思議です。