人材を育成し、経費を有効に使ってサービスの一層の向上をはかります。



 
いま、社会福祉事業は大きな転換期を迎えています。

基本的な構造の変革が求められているのです。

窓愛園では子どもの立場に立って、「最善の利益」を与えられるよう、

あらゆる資源を有効に活用していきます。

内外の意見や自己評価を通じ常に改善に努める所存です。